Mabinogion of nimo

マビノギ英雄伝の記録 ストーリー中心 プレイ日記や加工したSSとかのせます 

マビノギ英雄伝 ストーリー
 ※ネタバレ 未プレイの方は注意!
EP8-1 No.1 No.2 No.3
 ・NPCと雑談 コレン No.1 No.2 No.3 No.4 No.5 No.6   ロチェスト No.1 No.2 No.3
EP8-2 No.1 No.2   ・NPCと雑談 No.1
 ・サブイベント サキュバスNo.1 No.2   痕跡&オルテルのゴーレムNo.1 No.2   
EP9 No.1 No.2 No.3
 ・騎士団レイド No.1 No.2
EP10 No.1 No.2 No.3 No.4 エピローグ
 ・NPCと雑談 EP10クリア前に   ・サブイベント No.1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S2 EP1 プロローグ

S2のストーリーを振り返る
プレイした直後は覚えていても、次のEPが来たら忘れている;
忘れないようにここに記録しておこうかと……
2014_04_19_02.jpg
ただ載せるだけでは私がつまらないので(ぉ
今回の↑の二人の手記という形でコメントさせようかと思います
ストーリー以外に興味ない方は適当にスルーして下さい

ネタバレあり!まだ未プレイの人は注意!

・前回のあらすじ?
栄光と挫折、信頼と裏切り
ティイとカダンの存在が消えるそんな夢を見た
(あれ?カダンって誰だ?)
目が覚めたらカルブラム傭兵団の新兵だった
そして鐘楼で暴れる大蜘蛛を退治した
でも、その蜘蛛は村の巫女ティイの大切な友人だった……
という流れを見続けること○回目 さすがに飽きた
2014_04_19_01.jpg
本来温和なハズのノールが人間に危害を加えたので
黒白金赤と主要ノールを訳あって皆殺しにした所からスタート
赤いノールは人間との戦争を拒んだ穏健派だったらしいが……?
はたしてこれで良かったのだろうか? 

さて、話はかわって傭兵団を続ける事に迷う戦士が二人いた


・モルバンへ行く道
anesto_R.jpgアネスト アーサー、ちょうどよかったわ
     トレジャーハンターになりたいと思ったことない?

     チーフテンも倒したし、その手下まで全部……
     あなた、本当すごい実力者よ
     それくらいなら充分良いトレジャーハンターになれるわ

     傭兵しててもあまり稼げないでしょ?
     万が一騎士になったり、軍隊に入る事になったら
     毎日人の命令で動くことになるのよ
anesuto setumei
     トレジャーハンターは自由なの
     探したい宝物が探せるんだから
     まあ、依頼も沢山受けるけど
     依頼じゃなくても出来る事は沢山あるわ

     成功すれば富と名誉……
     いいえ、莫大な富と名誉が得られるの
     そして、私が見るにあなたは……成功できると思うの
     もしかしたら……あなたが伝説の宝を見つける
     そのハンターになるかも
kaziya.jpg
     じゃあ、紹介状を一枚書くわね
     実はもう用意しておいたの
     あなたが持って来たノールの皮も持っていくといいわ
     あ、ついでにこの依頼も伝えてね

     場所はモルバン
     最高のトレジャーハンターギルドがある場所よ
     ここの船着き場から船に乗っていけばいいの
     ギルドはモルバン船着き場にあるわ

     どうしたの? まだ悩んでいるの?
     行くかどうかはあなた次第よ
     ふふ、行かなくてもかまわないからね
     選択を強要したりはしないわ

     でも、私はあなたに……
     絶対にトレジャーハンターになってもらいたいの

     じゃあ、行くならそこのギルド長トリスタンに宜しく伝えてね


・真面目なキャラ紹介
ハルク アーサー
自称 孤高の戦士 (訳 集団行動苦手)
恵まれた体格(195cm 105kg)を誇る戦士
生き別れの家族を探すため有名になろうと
王国で騎士になり出世しようとしたが馴染めず
友人の勧めで各地を放浪する傭兵団に入ったが
そこでも上手くいかない

そこに親しくしている巫女のティイが消える夢を
見るようになり、自分でも説明のつかない
虚しさと苛立ちを感じる毎日だった
現状を打開すべくアネストの誘いに乗る

「いつかお前は歴史に残る英雄になれる
 と世話になったじーさんに言われたが
 結局、騎士にも傭兵にもなれなかった、すまんな」


ベラ ベラ
記憶喪失の女性 見た目はエロイが中身が……
気が付いたらコレンの宿屋の前で犬のテオの餌を
奪い取って喰らっている所をティイ保護された
辛うじて言語は通じるが常識は通じない 知らない
衣食住と居場所をくれたティイを母親のように慕っている

天性の剣の才を生かすためティイを守るため傭兵に入った
知識と常識、そして記憶喪失ゆえ経験がない事に
非常に強い劣等感を感じている

誰とも性行為をしたことがないのを同僚にバカにされ
酒の勢いもあり某DT双剣士を同意なしでくった(犯罪です)
問題にならなかったが傭兵団に居ずらくアーサーに便乗じ
傭兵を辞めモルバン行きの船に乗った

「その、なんだ、正直反省シテマス、ゴメンナサイ」
「本人に言えよ」
「あ、そだ、ノールが大変な事になったのはアネストのせいじゃね?」
「(切り替え早)でも誘いに乗り、手を下したのは俺達だろう」


こんな感じですが、どうだろう?
最後まで見てくれて、ありがとうございます(*- -)(*_ _)ペコリ


Comments

Body

 

Noooooooooo!!!!
 

 

YES! Sexy Girl
 

 

YES! Succubus
 
Profile

ニモテン

Author:ニモテン
メイン:イヴィ 
最近はデリアを溺愛中
デリア★カワ(・∀・)イイ!!

当ブログはリンクフリー
お気軽に貼って下さい

※もし、ご連絡頂ければ
 相互リンクさせて頂きます

↓ブログランキング いつもありがとう

Follow
 


QR_Cood
QR
Counter
Tag

mabinogi
ラソンブラ 鯖:ルエリ

07
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。